top of page
18_mainvisual.jpg

日本獣医再生医療学会
第19回年次大会

日時:2024年6月2日(日)
​場所:横浜ワールドポーターズ イベントホールA

日本獣医再生医療学会 第19回年次大会

消化器疾患への再生医療アップデート

主催:一般社団法人 日本獣医再生医療学会

大会長:原田 恭治

 

ご挨拶

 

 この度、日本獣医再生医療学会第18回年次大会を2024年6月2日(日)に 【横浜ワールドポーターズ イベントホールA】にて開催させていただく運びとなりました。

 

 日本獣医再生医療学会は、2018年4月1日に日本獣医再生・細胞療法学会と合併し、同年6月1日より一般社団法人 日本獣医再生医療学会 (The Japanese Society for Regenerative Medicine, JSVRM)

として活動を開始いたしました。以来、当学会は責任ある学術団体として、2018年4月に策定された『犬及び猫における再生医療及び細胞療法の安全確保に関する指針』の追考を徹底し、また、国内の獣医療領域における再生医療や細胞療法が科学的・倫理的に正しく発展することを目的に、さまざまな活動を続けております。

 

その中でも特に、年に1回開催する年次大会は、再生医療・細胞療法の普及・発展を目的として、

国内外、ヒト、動物といった分野を問わず、再生医療に携わるすべての研究者、医師、獣医師、関連学術団体、企業が手を取り合い、意見交換を積み上げ、自由に議論・討論を行うことのできる、まさに当学会の中心的な場です。

 

本年のプログラムは昨年と同様、午前中にシンポジウム、お昼にランチョンセミナー、午後は一般演題および教育講演といった構成で企画しています。

午前中のシンポジウムでは、近年の話題の中でも関心が高まっている消化器疾患への再生医療に関するアップデートを行う予定であり、多くの会員の関心と参加者の満足を得る一日となるよう、講師選定や講演内容に関する企画会議を日々重ねております。                       

 

現在、第19回年次大会実行委員会を立ち上げ、総力をあげて大会を盛り上げられますよう鋭意、準備を進めております。

会場には昨年よりも多くの先生にお越しいただき、議論を交わしたいと考えております。

多くの先生方にご登録いただき、皆様のお越しを実行委員一同お待ちしております。。

何卒よろしくお願いいたします。

 

謹白

日本獣医再生医療学​会 第19回年次大会

大会長 原田 恭治(日本獣医生命科学大学)

開催方法

ハイブリット開催形式で実施します。

会場参加者を限定(先着申順)し、当日開催された内容を後日配信。

協賛企業
farm.png

株式会社ファームプレス
 

ファームプレスは「すべては小動物臨床のために」をモットーに、小動物の獣医学書籍・雑誌を取り扱う出版社です。今年4月には、MVM臨時増刊号(No.203)として、「まるごと一冊 犬と猫の再生医療」を刊行。日本獣医再生医療学会ご監修、小動物分野の再生医療の最新情報を網羅した1冊です。展示会場にて手にとってご覧ください。

ロート_logo.png

ロート製薬

ロート製薬はスキンケア製品や目薬の研究開発で培った「細胞を扱う技術」と「無菌製剤技術」を活かし、2013年にヒト再生医療事業に進出しました。現在では細胞治療の臨床試験(肝硬変や心不全等)を実施しており、培地や自動培養装置の開発にも注力しています。これらの知見を応用し獣医再生医療への貢献を目指します。

アンチノール.png

株式会社 V and P

ベッツペッツの犬猫用サプリメント「アンチノール®」が、ペット雑誌のいぬのきもち・ねこのきもちのユーザーが選ぶ人気アイテムランキング2024の「使って良かったサプリメント部門」の犬部門、猫部門の両方において、第1位を受賞いたしました。犬猫の健康のためにアンチノール®製品をぜひご活用ください。

shima.png

株式会社シマ研究所

シマ研究所は免疫学的体外診断用医薬品の開発、製造、販売会社です。高品質で有用な動物用診断薬、研究用試薬の開発、製造、販売を行っています。本学会には測定装置「クイックLASAY 101」、専用試薬「イヌCRP」と「ネコSAA」、そして新発売の「ネコα1-AGP」を出展致します。是非お立ち寄りください。

OM.png

OMデジタルソリューションズ
株式会社

●オートクレーブ滅菌対応カメラシステムを展示します。

高圧蒸気滅菌対応可能なカメラシステムにより、手術室での高画質撮影、手術部位に近づいてのマクロ撮影も可能です。衝撃や汚れにも強く、記録撮影の幅を大きく変えます。是非ブースにて、ご体感ください。

pram.png

動物再生医療技術研究組合
​(PARM)

動物再生医療技術研究組合(PARM)は、イヌ・ネコ向けに安全かつ有効な細胞治療の提供に向けた仕組みの構築を目的とした非営利共益法人です。2023年11月時点で全国693病院に組合員としてご参加いただき、臨床研究の中で887件を超える投与を積み上げることができました。引き続き、再生医療の普及に尽力してまいります。

J-ARM_logo.png

株式会社 J-ARM

獣医再生医療の普及を通して人々の笑顔を広めていくことが私たち株式会社J-ARMの願いです。先生方が院内で安心・安全に再生医療を実施頂くための間葉系幹細胞並びに免疫細胞培養キット、PRPキット等の開発とご提供、培養トレーニングの実施や技術サポート、各種情報提供等を通して、先生方のお役に立てる会社を目指します。

KUMANAGA.png

湧永製薬株式会社

湧永製薬は熟成ニンニク抽出液を通じて、今後も多くの人々の健康、そして愛犬の健康にも奉仕してまいります。皆さまのパートナーである愛犬の健康と長寿を願い、人の医薬品開発で蓄積したノウハウを結集して、犬用健康補助食品「セルアップオーラル」を開発いたしました。

zoetis.png

ゾエティス・ジャパン株式会社

ゾエティスは、米ファイザーの動物薬部門から独立した新薬開発型の動物用医薬品企業です。新たに、診断分野にも注力しており、生化学分析機器や血球計数機器『ベトスキャン』と共に、今年は、最短時間で獣医病理専門医の細胞診評価を得られ、AI血液塗抹検査等ができる『イマジスト』の発売を予定しております。弊社では、世界初の抗体薬である犬猫の変形性関節症の疼痛緩和薬『リブレラ』『ソレンシア』や『アポキルチュアブル』を新発売し、投薬そのものを喜びにするハッピーメディケーションの実現に取り組んでいます。

物産アニマルヘルス.png

物産アニマルヘルス
 

「動物がうれしいと、人もうれしい。」

“動物たちに、健康でいてほしい”この大切な想いをかなえるために、私たちは、これまで培ってきた技術を、これまで育んできた人の輪を、そして、今までにないアイデアを携えて“みんなが健康で、笑顔でいられる”という夢に向かって、新たな想いを広げ、まっすぐにすすんでいきます。

toyo.png

東洋装具医療器具製作所

動物用の義肢装具をオーダーメイドで制作しております。展示ブースにて製品のご案内をしておりますので、お時間がございましたら是非、お立ち寄りください。よろしくお願い致します。

コージバイオ.png

コージンバイオ株式会社

再生医療や細胞治療、またはワクチン製造などで使用される無血清培地をはじめとする組織培養用培地を開発、製造・販売しております。

長年にわたり多くの研究所や大学等との共同研究を重ね、技術の研鑽に努めてきたことで、安定した品質の高い製品を提供しています。

morikubo_logo.png

森久保CAメディカル株式会社

森久保 CA メディカル株式会社は「人と動物の健康を支える」をテーマに事業を展開しております。お客様の満足を提供し、お客様に感謝していただける企業を目指します。そして、人と動物の健康を願う人々や医療に従事する人々のこれからに応え、より一層社会に貢献できる企業となります。 

bottom of page